【体験レポ】釜山大学語学堂へ短期留学してきた

カエリタコ

-

現在、筆者は韓国南部のとある四年制大学に通っていますが、それよりも前に釜山大学の語学堂に通ったことがあります。


3ヶ月間(1学期間)、釜山大学の語学堂に留学してみて実際にどんな感じだったのか書きました。
(あれもこれも書いたら長くなってしまいました)



今後、韓国or釜山へ短期留学を考えている方に参考になれば幸いです。

この間、ビザ無しで入国し、手続きも全て自分で行いました。準備については別記事で書きましたのでそちらもドウゾ。 

>>関連記事:【準備】釜山留学を決めてから出発当日までにしたこと



語学堂3ヶ月間を終えて実体験レポ


留学先は「釜山大学の語学堂」です。国公立のため、ブランド力は強く、有名です。

留学生の中には、語学堂修了後、釜山大学を受験する予定の学生さんもいました。

釜山大学語学堂の教科書



▲1級(いちばん下の級)の教科書です。タイトルは「親切な韓国語」。


教科書は級ごとに分けられており、2級、3級と上がっていくと難しくなっていきます。



▲カナダからやりました。日本語でいう「あいう」にあたります。



▲教科書の上に乗っているのはiPhone5s。結構分厚いです。


釜山大学では分厚い教科書1冊と、授業毎にプリントが配られます。


全20課あり、1課につき「本文」「演習」「聞き取り」「書き取り」の構成となっています。


データCD付き(本文・聞き取りの全パート収録)。


オーディオCDではなくデータCDだったので、ディスクの読み込み可能なパソコンが必要でした。



授業時間


90分授業が2コマあります。


9:00~12:50。30分の休憩が一回。午前中のみ!



授業の内容


教科書に沿って進んでいきます。2日で1課のペース。


週3ほどのペースで小テストがありました。



担当の先生について


先生は二人体制で、メインとサブで分担されています。


メインの先生:月・水(2コマ目のみ)・木・金を担当
サブの先生:火・水(1コマ目のみ)を担当


教え方に多少の違いはありましたが、メインの先生と相性が良くてすんなり理解できました。
先生は良し悪しというより、自分との相性だと思うのでこればかりは運だよなぁと思います。



クラスの出身国の割合


日本:1人(自分)、メキシコ:1人、台湾:1人、中国:8人
合計:12人


他の日本人学生は3〜4級に在籍していました。ほとんど女子大生!(リアルJD!)


学校全体として中国の割合が高かったです。
その他の学生の出身国は、
ベトナム、ロシア、インドネシア、ウズベキスタン、メキシコ、アメリカ、フランスでした。


たまに挨拶程度ですが日本語話せる子がいたりします。そういう子は日本のアニメやドラマが好きなことが多く、仲良くなりやすかったです。



金曜文化活動(学外活動)


釜山大学の語学堂では、授業以外のイベントがありました。


「金曜文化活動」という名称で、全員参加(一日)のものと、希望者だけ参加するもの(午後から)の2種類がありました。


全員参加はいわゆる遠足に近く、クラスの子だけでなく、違うクラスの子とも仲良くなれたりしてとても楽しいものでした。


全員参加で行った&体験したところ(無料):慶州の博物館見学、アミューズメントパーク、テコンドー
希望者参加(有料もあり):プチ釜山観光、水族館、新世界百貨店



午後の補習授業(有料)


午後の補習授業は、希望者が4、5人以上集まれば開講されるものでした。
私が受けたものはスピーキング(マルハギ)のクラスで、
各1時間・全6回、30,000ウォンでした。コスパは良い。


ここでも違うクラスの先生や学生と仲良くなれたりして良かったです。



言語交換プログラム(トウミ・チューター制度)


外国語を勉強している釜山大学の学生と友達になれるプログラムです。
日本人の場合、日本語を勉強している釜山大学の学生とお友達になれる仕組みです。


申し込みした人がこのプログラムに参加できますが、人数に限りがあり、申込者が多い場合は抽選となります。


▼実際に参加してみた感想


日本語を勉強している学生さんとお友達になりました。
基本は週1回、学校の教室やカフェなどで会い、お互いの言語を教えあっていました。


グループ活動として、他の言語交換プログラムに参加している学生と一緒に勉強したり、ここでも広がりができたのが良かったです。


パートナーの学生とは、最初はお互いぎこちなかったものの、最終的には結構仲良くなりました。



午後の時間の使い方


基本はその日の復習、翌日のマルハギテストの勉強をしていました。


語学堂の一部の教室が、土日も含め夜10時まで開放されているため、自習しやすい環境でした。同じクラスの中国の友達と勉強したり、たまに違うクラスの子と新しく友達になったりして、自宅学習より良い成果を出せました。


他には言語交換プログラムの活動をしたり、大学側が行なっている「外国語クラブ」に参加してみたり、寮の友達とご飯食べに行ったり。


社畜社会人時代より遥かに時間が余ってるいので、誘われたら断らずに参加しました。



学生寮


学生寮は学校から歩いて5分圏内の位置に所在し、登下校は便利でした。


また、学生街であるため、コンビニや安い食堂も多く、不便なことはほとんどありませんでした。(◎学生寮の詳細は後ほどアップ予定!)


多少夜な夜な大声で歌う学生もいましたが、それも留学生活のご愛嬌ということで。



3ヶ月の成果は?


本当にゼロからのスタートで、ハングル文字のカ・ナ・ダから始めました。3ヶ月という短い期間でしたが、簡単な日常会話ができるようになりました。


英語と比較すると、覚えやすかったです。文法が似ており、漢字語は意味も読み方も似ております。


英語を勉強していた時は「なぜこんな言い方するのか」と理解に苦しみましたが、韓国語はすんなり頭に入ってきました。これは、国同士の文化が似ているからだと思います。韓国語を学びながら、同時にアジア文化と欧米文化の違いも実感した次第です。



英語が少しでも話せると、コミュニティが広がるかも


上記の通り、韓国語は全くのゼロからでした。


また、他の国の学生も韓国語を勉強しに来ているため、下級クラスの場合、お互い韓国語を話せなかったりします。


では、どのように友達や先生とコミュニケーションしたのでしょうか?


そうです、英語です!


留学が始まったばかりの頃は、ひたすら英語でコミュニケーションしていました。


英語話せるといっても、日常会話程度です。


相手がカタコト英語であっても、単語だけで会話したり、韓国語の意味を確認する時に英語で説明されたり、英語が公用語である国の学生と友達になったり…


当たり前ですが、韓国では韓国語が公用語です。そして英語は世界共通語です。


世界各国から韓国語を勉強しに集まる語学堂では、英語は大事なツールとなっていました。


英語が少し話せると、つながる世界が広がると思います。



釜山大学の魅力


冒頭にも書いたとおり、語学堂修了後、釜山大学を受験する予定の学生さんもいました。
そういった学生は、勉強への意欲も高いため、一緒に勉強するのに良き仲間となってくれました。


クラスの出身国の割合にも書いた通り、中国からの学生がとても多いです。
学校全体でも70~80%くらい。様々な事情で留学に来ていますが、釜山大学に入学したいという意思を持った学生も多くはないですが、居ました。



社会人だけど学校に馴染めたか?


めっちゃ無問題でした。むしろ現役学生より学校生活エンジョイした思います。
コミュニケーションをする上では、年齢の差より言語の違いの方がよっぽど障壁になりました。



3ヶ月の短期留学を終えて


語学堂は韓国語を勉強するだけの場所じゃない!


語学堂を複数経験することはなかなか無いので、どの学校が良いのかはわかりません。


どの学校でも「何に対しても積極的に参加する」ことが、留学成功のポイントではないかと思います。


以上、可能な限り正直に、書きました。


これから釜山の語学堂へ留学を考えている方の参考になれば幸いです!

Posted byカエリタコ
お役立ち
    \  シ ェ ア す る  /